2011年06月16日

初めまして…

はじめまして、
木曜日と、土曜日を担当しております、金子と申します。
ブログが開設されたとのことですので、少し、自己紹介も兼ねての文章をアップしたいと思います。

臨床心理士として、武蔵浦和メンタルクリニックで2008年10月からお世話になっています。
早いもので今年の10月で3年目ということです。

さて、今回は初のブログ投稿ということで、
何を書こうか迷ったのですが、
私の目指している臨床心理士像を語りたいと思います。

まず、世間一般では「臨床心理士」という職業はどのようなイメージを持ちますでしょうか?

私の個人的な体験によると、「人のこころが読める」とか「何か思っていることを読まれてしまいそう…」と言われたことがあります…

しかし…

そんなことはできません…

それが「できる!」という臨床心理士がいたら、偽物とおもっていいと思います…


私は、人のこころに寄り添う専門家として、大切に思っていることは、

「相手の語りを真摯に耳を傾けてみる」という姿勢です。


その中に何か意味のあるものがあるんじゃないかなと思っています。


そして、この仕事をする上での一番の思いは、
『人のこころを分かりたい』ということです。

これはとても難しい・・・というか、

究極的には人のこころっていうのはわからない・・・、と思っています、結局は。

その人にしか悩みや苦悩は分からない・・・

けどその相手の気持ちを分かろうとする努力をし続けるのが私の理想とする臨床心理士だと思っています!!


また機会があれば、アップしていきたいと思いますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。






posted by 武蔵浦和メンタルクリニック at 19:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。