2012年05月14日

五月病

今年のゴールデンウィーク中の人出はまずまずだったようで、昨年の震災以降自粛ムードだった旅行に出かけた方も多かったようです。

9日間の大型連休になった方もいたそうですので、連休明けに「五月病」の症状に悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか?


「五月病」という病気はもちろん存在しません。辞書によると…「四月に入った大学新入生や新人社員などに、一か月を経た五月頃に見られる、新環境に対する不適応病状の総称。」…となっています。

新しい慣れない環境(学校や職場)で一か月過ごしその疲労が蓄積されたころの連休後です。温暖な気候も相まって、特に午前中は眠く感じる人の方が多いのは自然なことです。そう感じていても、なんとか以前と同じ生活を続けられるうちは全く問題はありません。

しかし、ただ眠くだるいだけでなく、学校や会社に遅れがちになる。さらには、まったく行けなくなってしまう、登校拒否や出社拒否となると問題は深刻です。大事になる前に早めに対処すべきです。



具体的な「五月病」の症状としては:

1)会社や学校には行けるがなぜか具合が悪くなる

2)朝どうしても起きれない。

3)食欲減退、不眠、抑うつ感

4)無気力、不安、焦り

5)イライラ、ミスが多くなる、テレビや周りの音がうるさく感じる…etc.。



そこで、いくつか考えられる「五月病」の原因を考えてみました。


A)仕事や勉強のレベルについていけない。難しすぎる。興味を持てない。

B)人間関係で悩んでいる。いやな人や苦手な人がいる

C)満員電車が嫌い、苦手。

D)生活リズムが乱れたまま直せない。昼夜逆転。

E)アルコール摂取量が増えた。


どんな問題でも原因が必ずあるはずです。問題を解決するにはその原因となっていることをなくしていくことが解決につながります。

上記のAとBが原因だと病気ではありません。性格や考え方を少し変えることでかなり改善されるはずです。

Cの場合はメンタルクリニックでの診察が有効となるケースです。

Dは、「睡眠相後退症候群」かもしれません。これは生活リズムを整えるだけで改善される場合が多いですがなかなか治らない体質の方も中には見受けられます。

Eはストレスをアルコールで解消する傾向のある方ですとかなり問題となります。精神科では他科と違いアルコールは百害あって一利なしと考えます。たしなむ程度でやめれる方以外は一切飲まない方が絶対にいいです。



何事もほどほどにできていればよしとしましょう。

完璧主義や自分に厳しくするのもほどほどに。

「いつもできているのになぜできない?」…と考えないで

「いつも簡単にできていることができない…疲れてるんだな」と考えて休息の時間を持ちましょう。

それからDの方…

寝だめはいけません。この「睡眠相後退症候群」に陥っている方は、もともと体質的に体内時計をアジャストできない人が多いはずです。日ごろから規則正しい生活を心がけ、三食きちんと食べて、午前中は日の光を浴び、適度な運動を心がけてください。そして大切なのは寝る前最低1時間は明るい光をみないでください。パソコン、携帯、蛍光灯、テレビ等のスイッチを消して穏やかに睡眠の質を向上させましょう。

たったこれだけのことで人生がうまくまわりはじめるとおもいます。

是非お試しください。
posted by 武蔵浦和メンタルクリニック at 19:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。