2012年09月13日

不眠症の方へ

就寝前の読書にタブレットは厳禁!?by Wired News 2012年9月11日版 

参照:"Depending on How Much and How Long, Light from Self-Luminous Tablet Computers Can Affect Evening Melatonin, Delaying Sleep" by Rensselaer Polytechnic Institute, Lighting Research Center, published in the journal `Applied Ergonomics`.



就寝前の読書はスムーズな入眠方法の一つとして推奨されますが、近年急速に普及しているタブレットやPCといったバックライト付き端末での読書は、入眠や良質の睡眠には全く逆効果であることがアメリカの研究で科学的に実証されました。

人間は夜になると眠くなります。これはメラトニンという脳内の松果体から分泌されるホルモンの働きによる作用です。このホルモンは別名「タイミングメッセンジャー」と呼ばれ、夜の訪れを全身に知らせる働きがあります。就寝前に明るい光、特にタブレットが発生する「短波長光」を浴びると、このメラトニンの分泌が乱れ、ひどい場合は全く分泌されなくなり、概日リズム (サーカディアンリズム)が崩れ、結果的に入眠障害や不眠症につながります。実験によると、この種のディスプレイの光を2時間受けるだけで、メラトニンが22%減少する可能性があるそうです。

こういった概日リズムの乱れによる睡眠障害は糖尿病や肥満、さらには乳癌を引き起こす原因の一つである可能性も解明されてきています。

最近の他の研究(2001年10月17日号(Journal of the National Cancer Institute, Vol. 93, No. 20, 1563-1568, October 17, 2001 ))で明らかになっている事実として、深夜の交替勤務でメラトニンの分泌が最大になる午前1〜2時に働いていた人はそうでない人に比べ、起きている頻度が多くなるごとに、乳がんリスクが36%-60%も高くなったそうです。

質の良い睡眠は、一日の活動で傷ついた細胞の修復の時間でもあるそうです。

読書の秋は是非とも紙の書籍で楽しみましょう。










posted by 武蔵浦和メンタルクリニック at 12:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。