2020年04月20日

緊急事態宣言  〜当たり前のことが当たり前でなくなる〜

こんにちは。武蔵浦和メンタルクリニックのカウンセラーです。


皆様どうぞよろしくお願いします。



緊急事態宣言が出て、間もなく二週間が経とうとしています。

そんな状況の中、多くの人がこれまで慣れ親しんだ習慣や環境、生活スタイルから強制的に離れることを余儀なくされています。

私たちは、「いつも通りのことができない」ことに強いストレスを感じます。

いつもと同じ一日の過ごし方ができなかったり、いつもと同じものが手に入らなかったり、

いつもと同じ行動をとることができなかったり。

当たり前のことが当たり前でなくなること、これまで決まっていたやり方を変えなければならないことが、

不安や苛立ち、ゆううつ感を高めることになるのです。

逆に「いつも通り」が維持されると、安心感を与えます。

日用品の買い占めなどの行動は、こうした安心感を求める心の動きが背景としてあるのかもしれません。

ここで注意しなければならないのが、「いつも通り」にしがみつくことが、かえって精神的な負担となることです。

「いつもと同じ」を維持することに必死になり、精神的にも身体的にも疲弊してしまうことや、思

うようにいかないことでかえって気持ちが動揺してしまい、不安やイライラに圧倒されてしまうことがあります。

情報を過剰に取り込み過ぎないのも重要ですが、私たち人間がこの苦境を乗り越えるためには、

これまでのこだわりや思い込みを少しずつ緩めて、変化を柔軟に受け入れることが必要なのかもしれません。

必要なものがない!!どうしよう!!!手に入らない!!!と躍起になってネット検索するよりも、

さて、別なもので代用できないものだろうか、本当にそれは絶対に必要なものだろうか、と考えてみると、

別の可能性が見えてくるのかもしれません。


ウイルスも様々な過程で変異をしていると言われていますが、


私たちもこの大きな環境の変化の中での変化、新たなライフスタイルへの適応や新しい価値を生み出す力、

創造性を試されているのかもしれません。
posted by 武蔵浦和メンタルクリニック at 18:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。