2020年05月28日

変化への不安をどう対処するか 



こんにちは。武蔵浦和メンタルクリニックのカウンセラーです。


感染防止対策も普及し、
感染を避ける日常が私たちにとって当たり前になってきました。


その効果もあり、
徐々に社会活動の再開の兆しが見え始めています。


この兆しにも不安を感じる人はいるでしょう。



これまでの生活に慣れたところで
次の段階の生活スタイルに移行させるということは
やはり「変化」として
私たちには経験されます。


こうした「変化」がチラつき始めると、
私たちは先行きを考えて「不安」になります。


こうした不安は、
実際に起こっていることではなく、
実際にはどうなるか分からないこと、
どうなるか分からない未来に対する不安です。


頭の中に勝手に思い浮かんでくる空想(妄想)みたいなものが
不安を生み出してしまうのです。


やってみないと分からないだから、
心配したって仕方がない。

始まってみないと分からないのだから
不安に思っていても仕方ない。


確かにその通りです。

ですが、そうした不安による空想やネガティブな考えは
勝手に頭の中に浮かでんくることが多く、
考えないようにと別のことに集中しようとすると
疲れてしまうか、
かえって落ち着かない気持ちになってしまうことがあります。


こうした時にも役に立つのが、
以前にもご紹介したマインドフルネス瞑想です。


私たちが不安の空想(妄想)をしている時、
現実と想像の区別があいまいになってしまうことがあります。


静かに体と心を落ち着け、
自分の心の感覚と体の感覚に気づくことで、
ネガティブな思考にとらわれない
「今生きている自分の感覚」を取り戻すことができるでしょう。


何か正しい答えを導き出しそうとしたり、
未来の不安に構えてあれこれ準備をするのではなく、
今の自分の感覚に気づき、
判断せずにそのままを受け入れる。

そんな時間があっても良いのではないでしょうか。


まだまだ気を緩めてはいけないと言われますが、
どんなに気を引き締めても、
心を緩める時間はきちんと確保して行きましょうね。


posted by 武蔵浦和メンタルクリニック at 17:16| 埼玉 ☔| カウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする